After Effectsで作成したアニメーションを、Premiere Proで使う方法

After Effectsで作った映像をPremiereで使うには?

After Effectsで制作した動画、テキストアニメーションやシェイプアニメーションなど“動画編集のための部品”は、PremiereProで行う編集に利用することも出来ます。

  • 方法1:動画形式で書き出す
  • 方法2:コンポジションをPremiere Proで読み込む
  • 方法3:モーショングラフィックステンプレートにする

方法1を使った場合、PremiereProでの扱いは通常の動画クリップと同じですね。

方法2と方法3は動画ファイル化するのとは違い、編集や修正が可能です。
After EffectsのコンポジションをPremiere Proで読み込む方法、モーショングラフィックステンプレートとして書き出す方法と、それぞれの特徴を見ていきましょう。

見本では前回の記事で作ったテキストアニメーションを使っていますが、テキスト以外のものもほぼ同じ操作でPremierに持っていくことが出来ます。

コンポジションをPremiere Proで読み込む方法

After Effectsのコンポジションを、そのままPremiere Proに読み込ませることが出来ます。
細かい調整は出来ませんが、文字の打ち替え、大きさ・位置の変更くらいは可能です。

メリット

  • After Effectsで変更すると、自動でPremiereProの方にも反映する
  • Premierで文字の打ち替えが出来る

デメリット

  • フォントの変更ができない
  • 塗り・線の色が変更できない

Premiere Proのファイルの読み込みから、After Effectsのプロジェクトファイルを選択。

どのコンポジションを読み込むのか、というウィンドウが出てきます。
使いたいものを選んでOKをクリック。

プロジェクトパネルに、コンポジションが追加されます。

シーケンスのトラックに、ドラッグ・アンド・ドロップして使いましょう。
初期状態だと、透過部分が黒く表示されていて黒い文字は見えないかもしれません。その際は設定(スパナのアイコン)から“透明グリッド”を有効にすると良いです。

エフェクトコントロールの“ソース”を開くと、アニメーションさせる文字が変更できます。

この方法は、After Effectsのコンポジションをそのまま使っています。
ですので、After Effects側で文字色やアニメーションの設定を変更すると、Premiere Proの方でも自動的に変更されます。

モーショングラフィックステンプレートにする方法

After Effectsでモーショングラフィックステンプレート(.mogrt)として書き出し、それをPremiere Proで読み込ませる事もできます。こちらはPremiereProでもある程度編集可能な、テンプレートを作るイメージです。

メリット

  • Premierで文字の打ち替え、フォント設定が出来る
  • 塗り色や境界線の色もPremierで変更できる

デメリット

  • After Effectsで修正した場合は、再度書き出しが必要
  • 書き出しの設定に時間がかかる

1.After Effectsから書き出す

1-1:エッセンシャルグラフィックスを設定

After Effectsで、モーショングラフィックスとして書き出したいコンポジションを開きます。
メニューのコンポジションから「エッセンシャルグラフィックスで開く」を選択。

エッセンシャルグラフィックス、というパネルが開きます。
ここにPremiere Proで編集したいプロパティを追加します。
今回はソーステキストだけドラッグ・アンド・ドロップしてください。

右横の“プロパティを編集”をクリック。
全ての項目にチェックを入れて有効化し、OKを押します。

有効化したことでエッセンシャルグラフィックスパネルに表示された内容が、PremiereProでも変更可能になります。

  • カスタムフォント:フォントとスタイルの変更
  • フォントサイズ:フォントサイズの変更
  • フェイクテキスト:イタリックなどの変更

◆塗り色・境界線も変更できるようにしたい場合

文字色や境界線の色もPremiereProの方で変更できるようにしたい、という場合は、別途設定が必要です。

  • 境界線:レイヤースタイルの境界線
  • 文字色(塗り色):レイヤースタイルのカラーオーバーレイ or エフェクトの“塗り”

今回は両方、レイヤースタイルの方で追加してみましょう。
レイヤースタイルは、レイヤー名を右クリックで選択できます。


レイヤースタイルの追加が完了しました。

境界線とカラーオーバーレイ、それぞれで必要なプロパティをエッセンシャルグラフィックスパネルに追加します。よく分からない時は、下アニメーションのようにストップウォッチアイコンがついているものを全部ドラッグ・アンド・ドロップしちゃっても良いです。

1-2:書き出し実行

エッセンシャルグラフィックスパネルに追加したプロパティは、並び替えやプロパティ名の変更ができます。

エッセンシャルグラフィックスパネルを整理をして、書き出しボタンをクリック。

保存先を選びます。
今回はお試しですので、After Effectsプロジェクトと同じフォルダにしてみましょう。


保存場所を設定して、OKで書き出します。

これでAfter Effects側の作業は終了です。

2.PremierePro側の操作(読み込み・変更)

PremiereProのエッセンシャルグラフィックスパネルを開きます。
右下にある“モーショングラフィックステンプレートをインストール”のアイコンをクリック。

一覧に追加されました!

シーケンスにドラッグ・アンド・ドロップしてみましょう。

タイムライン上に追加された、モーショングラフィックスのクリップを選択。
エッセンシャルグラフィックスパネルを、編集のタブに切り替えます。

すると、After Effectsのエッセンシャルグラフィックスパネルで設定したプロパティが表示されます。文字を打ち替えたり、色を変えたりと、変更して反映を確認しましょう。

タイトル(仮)がプロパティ名になってしまっているので、変えたほうが良かったですね。
そのほか、最上部で文字を打ち替えれる方が便利かな……など、PremierePro側で実際に設定の表示を見てみる・使ってみると発見もあります。

(左)After Effects /(右)PremiereProのエッセンシャルグラフィックスパネル

ちなみに、PremiereProのエッセンシャルグラフィックスパネルに一覧表示されているモーショングラフィックステンプレートは、右クリックメニューで削除できます。

ただし、この削除は一覧からの削除。
書き出した.mogrtファイルが消えるわけではありません。
パソコンの容量を節約したい方は.mogrtファイル自体の削除も行ってください。

シリーズ物のオープニングアニメーションやエンドロールで文字だけを変えたい時、出演者の名前など決まったアニメーションで文字を表示させたいときなどは、モーショングラフィックステンプレートを使うと便利です。

PremierePro用にモーショングラフィックステンプレートの素材も多くありますが、After Effectsを使って自分で作れたら表現が広がりますね!

まずは無料で14講座から始めましょう!

ハイクオリティな14講座/98レッスンが受け放題。
募集人数には制限があります。サインアップはお早めに。
無料申し込み期限
7月21日まで

募集 人数
100名 (残りわずか)

こちらもオススメ

×