Webライティングとは?文章力を上げてSEOに強い記事の作り方を解説

吉田先生

Webライティングとは何なのか、新聞や書籍など紙媒体でのライティングとは何の違いがあるのかを知りましょう。


 

いくら頑張って記事を書いても検索されないと存在しないことと同じです。スキルハブでは何百本も記事がありますが、検索上位に表示されるもの、そうじゃないものがあります。その差はなんでしょうか?

それはずばり「ユーザーの困っていることに応える記事になっているかどうか」ということです。Webページにやってくる人はほとんどGoogle検索からやってきます。その時のユーザーはたいてい何かの困りごとがある状態です。そして、その答えを探して検索しまくっていろいろなページを見ています。

Google検索上位に来るページというのは、その困りごとを解決している記事になっているかどうかが一番重要な部分です。例えば、スキルハブの記事でPhotoshopの使い方に関する記事があります。その記事は検索の上位に来るのですが、ユーザーの困りごとを解決しています。

想定ユーザーは初心者で「Photoshopってどんな使い方があるのかな?」という問題を抱えているはずですね。「Photoshop 使い方」などで検索して、自分の疑問が解消できればハッピーなはずですね。スキルハブのPhotoshop記事は、そこを解決しているので上位に表示されるようになっています。

WebライティングやSEOライティングと呼ばれるライティング手法は、その困りごとを解決するための文章の書き方です。ここでは、Webライティング、SEOライティングにつてい分かりやすく図解たっぷりで解説します。この記事でWebライティング、SEOライティングを学んでもらって、検索の上位に来るような記事を書けるようになりましょう。

Webライティングとは

Webライティングは、Webページを閲覧するユーザー・検索ユーザをその記事に導く検索エンジンの両方にとって“わかりやすい”文章を書く技術の事です。

SEOライティング

Webライティングと似た言葉に、SEOライティングというものがあります。
SEOライティングは、SEO(検索エンジン最適化)を意識したライティング技術・手法のこと。検索エンジンから集客をしやすいように、検索エンジンで上位表示されやすいようにコンテンツ(記事)を書くテクニックです。

Webライティングはユーザー、検索エンジン両方に適したライティング技術です。
ですので、Webライティングの中に含まれる手法の1つ、という位置づけですね。

「SEOライティング」という言葉が独り歩きしているのは、それだけ重要度が高いためです。
まず、Webページにユーザーが来てくれなければ意味がありません。

ネットで気になる情報を探すときは、たいてい検索しますよね。
表示された検索結果の中から、自分が探している情報が載っていそうなページを開きます。

検索結果、それも上位に掲載されなければ、ユーザーはWebサイト/Webページを訪問してくれないわけです。

このため、Webライティングでは、SEO(検索エンジン最適化)を意識する必要があります。紙媒体でのライティングともっとも異なる部分、Webライティング特有の技術といえるでしょう。

SEOライティングのベースとなるのは下記5項です。

  • キーワード選定
  • 共起語や関連語の確認
  • タイトル・見出しの活用
  • metaタグの設定
  • 適切なマークアップ

「contents is king」が第一

SEO、コンテンツマーケ、サイト運営……
様々な領域で「Content is King(コンテンツは王様)」という言葉が使われます。

Content is Kingは“サイトにとって最も重要なものはコンテンツ”という考え方。
SEO施策やライティングなどの技術・技法は確かにあります。
しかし、まず良質なコンテンツであることが大前提なのです。

中身の薄い記事であれば、SEOを考慮したマークアップをしても、ユーザーが読みやすいように綺麗にデザインしても、あまり意味はありません。ユーザーが「読んでがっかり」する記事であれば、検索エンジンは上位表示に値しないと判定するでしょう。

Webライティングは良質なコンテンツを作るコツ、もしくはコンテンツをユーザーや検索エンジンにわかりやすくする為の技術なのです。

Webライティングの特徴

Webライティングの大きな特徴が「SEOライティング」、つまり検索エンジンの検索結果で上位に表示させる・検索結果画面で魅力的に見えるようにするということが挙げられます。

では、本文となるテキストの書き方はどうでしょうか?
Webライティングに限らすライティング全般に共通するルールやポイントはあります。
さらに、紙媒体のライティングとは違った工夫も必要です。

Webライティングの特徴としては、以下が挙げられます。

  • 結論が最初に分かる
  • 要点を掴みやすい構成にする
  • 見出しで構造をわかりやすくする
  • ワンセンテンス/ワンミーニング
  • 改行と段落を使う(文字を続けない)
  • 図版や箇条書きを挟む

これらの工夫が必要なのは理由を考えてみましょう。

  • webを閲覧するユーザーは、お金を払って本を買う人と違う
  • PCモニターやスマートフォンなどの画面で読む

書籍を購入するユーザーとは異なり、Webサイトを訪れるユーザーは「無料で、すぐに答えを知りたい」という方が多数派です。ページを開いてすぐ「知りたいことの答えが書いてある」とユーザーが分かるようにする必要があるわけです。

また、こうしたユーザーは画面いっぱいに文字が出てくると、読む気をなくす傾向があります。長々と文章を書かず、パッと見ただけで興味を持ってもらう工夫が必要です。

Webライティングの対象は下記のような方です。

  • すぐに答えを知りたい
  • まどろっこしい(長い)文を読みたくない

このため、読解が困難な文章・修飾語をふんだんに使った表現は好まれません。
流し読みされることも多いので、曖昧な表現も避けます。

小説のような文体の美しさよりも、簡潔かる単純明快な文章が望ましいのです。

 

文章作成だけではなく、コンテンツの企画・キーワード選定もWebライティングには含まれます。次回からは実際のお仕事の流れに沿って、webライティングの手順・注意点を学んでいきましょう。

まずは無料で14講座から始めましょう!

ハイクオリティな14講座/98レッスンが受け放題。
募集人数には制限があります。サインアップはお早めに。
無料申し込み期限
7月10日まで

募集 人数
100名 (残りわずか)
×