無料ではじめるGoogleキーワードプランナー ~登録方法と基本的な使い方~

Webコンテンツ制作やライティングを行う際、キーワード選定をしっかり行うかでPVには違いが出てきます。ユーザーのニーズや検索意図に沿い、なおかつ検索されるキーワードを設定することがSEOでは重要です。

今回はキーワード調査に使われる“Googleキーラードプランナー”の登録・利用方法を紹介します。無料でも利用できるので、初めて使用する・とりあえず使ってみたいという方も試してみて下さい。

キーワード選定は重要です

Webコンテンツ企画時には「キーワード選定」が重視されています。
キーワード選定とは、ユーザーに検索してもらいたいキーワードを決めることです。

どんなに素晴らしいコンテンツを用意したとしても、ユーザーの検索と離れた表現としていては、誰もアクセスしてくれません。作成するコンテンツ/記事にアクセスしてもらうためには、ユーザーのニーズがあり検索しそうなキーワードを選ぶ必要があるのです。

もちろん、Webライティング・SEOライティングでも、キーワード選定は重要です。
記事のタイトル決定にはキーワードが必要ですし、本文のライティングもキーワードが決まっているほうが進めやすいです。

例えば、HTML初心者向けの記事を依頼された場合。
ユーザーは「HTMLやタグって何なのか、どうやって書けばよいのか知りたい」と思っているという仮説を立てます。その場合に検索しそうなキーワードを考えるのです。

キーワードツールとは

キーワードの候補を探したり、候補の中からどのキーワードを採用するか決めたりする際には、「キーワードツール」と呼ばれるツールを使用します。

キーワードツールでは下記のようなことが確認できます。

  • 検索ボリューム(そのキーワードが検索された回数)
  • キーワードの関連ワード、その検索ボリューム
  • キーワード検索数の推移

Googleキーワードプランナーとは

Googleキーワードプランナーは、Google広告(旧Googleアドワーズ)に付随しているサービスの1つ。
キーワード調査、キーワード選定をサポートする機能が提供されています。

URL:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

Googleキーワードプランナーは、Googleから有料広告を出すユーザー向けとして用意されているのサービス。Googleが提供していること、高性能で使い勝手が良いことから、広告出稿時だけではなく、SEO対策用のキーワードツールとしても広く利用されています。

キーワードプランナー利用は無料?

Googleキーワードプランナーは、広告出稿していないユーザーも使用することが出来ます。ただし、利用にはGoogle広告アカウントの作成が必要。
Google広告アカウントを作成しつつ、広告を出さないことで、無料でキーワードプランナーを利用するという形です。

が、実際に一定以上の広告費を使用しない場合は、詳細な検索数が確認できないなど機能が制限されています。正確な数値を把握したい時には、有料化も検討しましょう。

Googleキーワードプランナーの登録方法

GoogleキーワードプランナーはGoogleアカウントがあれば、無料で即座に使用を開始することが出来ます。登録方法を見てみましょう。

登録はGoogleキーワードプランナーのページ、青色の「キーワードプランナーに移動」のボタンから行います。

URL:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

Googleアカウント選択画面が表示されます。
Google広告に使用したいアカウントを選んでログインして下さい。

ビジネス情報の確認画面が表示されます。
(※広告の主な目的~という画面になった方は下の「広告の主な目的は~画面が表示された場合」をご確認下さい)

  ↓

表示されている情報を確認し、修正がなければ送信ボタンをクリック。

これでGoogle広告にアカウントが紐付けられました。
「キーワードプランナーを使う」をクリックで、キーワードプランナーの画面が開きます。

広告の主な目的は~画面が表示された場合

「ビジネス情報の確認」画面が表示されず、下記のような画面が表示される場合もあります。

こうした場合は、下部にある「エキスパートモードに切り替える」をクリックして下さい。
広告の目的 はウェブサイトでの商品購入や申込みを増やす、にします。

「このキャンペーンで達成したい目的を選択」が開き、選択肢が表示されます。
パネル部分はどれも選択せず「キャンペーンなしでアカウントを作成」というテキストをクリックして下さい。

上の説明と同じ、ビジネス情報の確認 画面に移動します。
送信をクリックして、設定を完了して下さい。

Googleキーワードプランナーの使い方

キーワードプランナーの機能は2つに分けられています。

  • 新しいキーワードを見つける
  • 検索のボリュームと予測のデータを確認する

「新しいキーワードを見つける」を開いてみましょう。

  ↓

調査したいキーワードを入力する画面に切り替わりました。
キーワードを入力してみましょう。

「結果を表示」をクリックすると、キーワードの検索ボリューム、キーワード候補などが掲載された一覧画面が表示されます。

テーブルの右側は広告出稿に関係するものです。
キーワードツールとして見る場合は、左のキーワードと検索ボリュームを見ます。

無料版(広告未出稿時)では、上図のように検索ボリュームが表示されます。
「1万~10万」など、結構アバウトです。

  • 10万~100万:とても多い
  • 1万~10万:やや多い
  • 1000~1万:中
  • 100~1000:やや少ない
  • 10~100:少ない
  • 0~10:ほぼない

と、大まかな検索ボリュームのイメージが掴めるくらいです。
これでも手動で検索するよりは、かなり役に立ちます。

もっと明確な情報を知りたい方はGoogleからリスティング広告を出す、別のキーワードツールと併用する、などの方法がおすすめです。

ちなみに、調べたいキーワードは複数指定も出来ます。
Enterキーを使って区切って入力すればOKです。

キーワードプランナーの開き方

キーワードプランナーの画面から「キーワードプランナーに移動」をクリックすると、ダイレクトにキーワードプランナーが表示されます。
しかし、それ以外の箇所からログインしたり、設定などを開くと、キーワードプランナーはちょっと分かりにくい場所にあります。

Google広告のアカウントページ(概要)は下記のようになっています。
見える場所にキーワードプランナー画面へのリンクがありませんね。

キーワードプランナーは、画面上部の「ツールと設定」から開きます。

Googleが無料で使わせてくれる範囲内でも、とても有用なキーワードプランナー。何度か使用して慣れておけば、お仕事でより詳細な検索をするときも困りません。

また、月に数百円の広告費でも詳細版を利用できるようになります。ご自身のメディアサイト、Webサイトを収益化する際には、活用してみて下さい。

まずは無料で14講座から始めましょう!

ハイクオリティな14講座/98レッスンが受け放題。
募集人数には制限があります。サインアップはお早めに。
無料申し込み期限
5月22日まで

募集 人数
100名 (残りわずか)
×