CTAとは?コンバージョンに繋がるCTAの作り方を図解します

CTAは「Calls To Action」の略で、行動喚起という意味です。マーケティングにおいてCTAは、コンバージョンへの誘導という意味を持ちます。

 

吉田先生

コンバージョン発生をゴールとすると、CTAはそのスタート地点です。

そのため、CTAはコンバージョン獲得までのフローでとても重要なステップだといえます。


 

 

 

CTAとは

CTAは「Calls To Action」の略で、行動喚起という意味です。マーケティングにおいてCTAは、コンバージョンへの誘導という意味を持ちます。

では、ユーザーがサイトに訪れてから、コンバージョンを発生させるまでのフローをもとにもう少し詳しく説明していきます。

上記例だと、「お申込みはこちら」というリンクボタンがCTAにあたります。つまり、CTAというのはコンバージョン獲得を目的としたページ(LP)へのリンクのことなのです。

そして、このようなフローがあったときコンバージョン発生をゴールとすると、CTAはそのスタート地点です。そのため、CTAはコンバージョン獲得までのフローでとても重要なステップだといえます。

 

効果的なCTAの作り方

CTAが何かわかったところで、効果をあげられるCTAの作り方を見てみましょう。

 

設置場所

CTAは、設置場所によってクリック率が変わってしまう為、分析や計画をもとに決めた場所に設置するべきです。

ですが、コンテンツやサイトの作りなどによって適切な設置場所というのは異なります。ですので、これから紹介するポイントを参考に設置場所を決定していきましょう。

CTAは、ユーザーに見つけてもらうこと・ユーザーの目を引く必要があります。つまり、目立つ位置に設置すべきという事です。

また、ユーザーが「行動を起こす決意をした」タイミングが、CTAのクリックを1番期待できると考えます。では、ブログ記事にCTAを設置するという例を見てみましょう。

 

ユーザーは、疑問を持ってブログに訪れ、記事を読んで疑問の答えをみつけます。次に、解決に向けて行動を起こそうとするでしょう。そのタイミングで、ユーザーの目にCTAが入るように設置すれば、クリックに繋がる可能性が高いはずです。

そのため、ブログ記事ページに設置するCTAであれば、記事の最後に設置するのが良いといえます。

このように、CTAを設置するページ内でのユーザーの動きや思考を推測して、適切な位置にCTAをおきましょう。

 

最適なテキスト・カラー

設置場所と同じく、デザインやテキストもコンテンツやサイトのテイストによって最適なものは異なります。ですが、こちらもいくつか要点がありますので、ポイントを抑えておきましょう。

まず、テキストです。CTAであるリンクのテキストは「分かりやすく・簡潔に」という点を意識して決定しましょう。

 

たとえば「クリック」というボタンと「○○をダウンロード」というボタンがあったとしましょう。

「○○をダウンロード」というテキストのボタンなら、このボタンをクリックすればダウンロード出来るということが一目で分かりますよね。

分かりやすさを意識するあまり、テキストが長くなってしまうのはよくありませんが、できるだけ具体的に分かりやすいテキストにしましょう、

また、サイトやコンテンツのターゲットユーザーについても考慮すべきです。たとえば会員登録済みユーザーが、会員限定ページを閲覧する為のボタンにのせるテキストを例に考えてみましょう。

 

「ログイン」「会員ページへ」「登録済みの方はこちら」などがありますね。このように、いくつか選択肢を考えて自社サイトのターゲットユーザーにあったテキストを選びましょう。

次に、カラーです。まず、大切なのは「目立たせる」ということです。サイト内のコンテンツの中で埋もれてしまっては、コンバージョンへのスタートがきられることはありません。

ですので、サイトの他コンテンツであまり使用していない色を選び、CTAを目立たせましょう。

分析と改善を繰り返そう

前セクションでは、効果的なCTAを作成する為のポイントを確認しました。ここで「効果を上げられる具体的方法はサイトによって異なる」という点が何度もありましたね。これは、分析と改善によって自社サイトにとって効果的な方法を見つけることが出来ます。

たとえば「Google Analytics」という分析ツールを使えば、CTAのクリック率などを知ることが出来るのです。では「Google Analytics」の使い方をみてみましょう。

 

1.以下URLにアクセスします。

そして「Googleマーケティングプラットフォームにログインする」をクリックしてください。

https://www.google.com/intl/ja/analytics/search.html

 

2.Googleアカウントにログインします。

Googleアカウントをお持ちでない場合は、新規作成して下さい。また、ログイン済みの方は、次のステップに進んでください。

3.「Google Analytics」にアクセスします。

インサイトとデータをお探しの場合という項目にある「アナリティクス」の「設定」をクリックしてください。

4.「登録」をクリックします。

「Google Analytics」の登録画面に移動します。

5.分析したいサイトの情報を入力します。

入力の必要があるのは以下項目です。表を参考に入力して下さい。

※その他の部分は、デフォルトのままで大丈夫です。

アカウント名 任意のアカウント名を入力します。
ウェブサイトの名称 サイト名を入力します。
ウェブサイトのURL サイトURLを入力します。
業種 サイトに合うジャンルを選択します。
レポートのタイムゾーン 日本を選択します。

6.「トラッキングIDを取得」をクリックします。

トラッキングIDとは、分析するサイトを判別する為のIDです。

7.利用規約に同意します。

利用規約を最後まで読み、2つチェックを付けて「同意する」をクリックします。

 

8.トラッキングコードをコピーします。

利用規約に同意すると、トラッキングコードが表示されたページにうつります。トラッキングコードとは、データを集めて「Google Analytics」に送る為のコードです。これを、自分のサイトに設置する必要があります。

以下部分から、トラッキングコードをコピーして下さい。

9.トラッキングコードを貼り付けます。

HTMLの場合は、分析したいページのHTMLファイル全てにトラッキングコードを貼り付けます。貼り付ける場所はheadタグの直後です。

<head>
  <!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
  <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=TEST-000000000-0"></script>
  <script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
    gtag('js', new Date());
    gtag('config', 'TEST-000000000-0');
  </script>
  ..
</head>

10.自分のサイトと「Google Analytics」が上手く連携できているか確認しましょう。

「Google Analytics」の左側にあるメニューから「管理」を選択します。

11.表示されたメニューから「トラッキング情報」を選択して下さい。

そして「トラッキングコード」をクリックします。

12.ステータスを確認します。

「受信しています」や「受信したデータはありません」と表示されていればOKです。

これで、登録は完了です。次に、設定を行ってCTAの分析を行えるようにしていきましょう。

Google AnalyticsでCTA分析のための設定を行う

CTA分析のために、「Google Analytics」で設定を行っていきましょう。では、設定方法を説明していきます。

 

1.「Google Analytics」の左側にあるメニューから「管理」を選択します。

CTAの登録を行います。

 

2.表示されたメニューから「目標」を選択します。

目標の設定画面に移動します。

 

3.「+新しい目標」をクリックします。

すると、目標の設定画面が表示されます。

 

4.目標の設定を行っていきます。

まず、ステップ1の目標設定の部分です。今回は、以下のように「カスタム」を選択して下さい。

 

5.目標の説明を設定します。

名前には、CTAの分析項目である旨を入力します。目標スロットIDは、目標を管理する為のIDです。初めて目標を作成する場合は、デフォルトのままで大丈夫です。

次に、タイプの設定です。こちらは「到達ページ」を選択して下さい。これにより、CTAをクリックしたときに遷移するページが表示された回数を目標の達成としてカウントできるようになります。

 

6.目標の詳細を設定していきます。

到達ページという項目の入力欄に、CTAをクリックした場合に表示される遷移先ページのURLを入力して下さい。そのほかの項目はデフォルトで大丈夫です。

 

7.最後に「保存」をクリックしましょう。

これで、設定はOKです。データが集まり次第CTAの分析を行っていきます。では、次のセクションで集計データの確認方法を学びましょう。

 

Google AnalyticsでCTAのクリック率を確認する

まず最初に、効果があると判断する基準を確認しておきます。クリック率(CRT)は、1%を目標にするとよいでしょう。CRT1%は、100人閲覧者が居たとき、その中の1人がクリックをするということです。

1%に到達しないのであれば、設置場所やテキストやカラーを変えて分析と改善を重ねます。では、確認方法を見てみましょう。

 

1.画面左側のメニューから「コンバージョン」を選択します。

次に「目標」をクリックして、「概要」を選択します。

 

2.クリック数やクリック率を確認しましょう。

クリック率は、コンバージョン率の項目の数字になります。

この画面では、期間ごとにクリック率を確認する事も出来ます。ですので、カラーや設置場所を変更した場合、どれが1番効果の高いカラーなのかなどが一目で分かります。

 

まとめ

CTAとは、コンバージョン誘導のためのリンクのことです。CTAのクリックによってコンバージョン発生へのプロセスが開始されるので、CTAは分析や計画のもと作成していく必要があります。

分析は「Google Analytics」というツールなどを使用して行います。そして、改善を重ねて1番効果の高いCTAのデザインや設置場所を見極め、コンバージョン率を向上させていきましょう!

無料ビデオ講座のお知らせ

Skillhub [スキルハブ]では無料の動画講座を多数公開しています。他校だと数万円するような講座が無料で受講できます。

無料講座一覧を見る

×