【Rails応用講座 1】Ruby on Rails開... >
Githubの準備

 

このレッスンではGithubアカウントの開設を行い、実際に使用していきます。リモートリポジトリやGithubのコマンドについて学び、Githubの使い方を覚えましょう。

 

吉田先生

複数名のチームで開発を行う際にも、とても役立つ「Github」 「Github」を使えばアプリケーションを共有できるようになるんですよ!

 

 

 

Githubとは

このセクションでは、Githubアカウントの開設を行い、実際にGithubを使用していきます。Githubとは、Gitで管理しているリポジトリをサーバー上で管理する為のサービスです。

https://github.co.jp/

 

 

Githubアカウントの作成

最初に、アカウントを開設していきましょう。

 

1.以下URLからGithubにアクセスしてください。

Githubに登録するをクリックします。

https://github.co.jp/

 

2.次に、ユーザーネーム・メールアドレス・パスワードを入力します。

入力出来たら、Sign up for Githubをクリックします。

 

※以下のようにパスワードが上手くいかない場合は、他のパスワードを試してみてください。

 

3.プランの選択画面で、フリープランを選択します。

フリープランは、無料のプランです。

 

4. welcome画面になります

いろいろと聞かれますが、一番下に進み、そのままComplete Setupでも良いでしょう。

5. メール認証してください

メールを送りました認証してください。と表示されますのでメールボックスを確認してリンクをクリックしてください。

6.届いたメール内のVerify email addressをクリックします。

すると、Githubに移動します。

 

認証が完了すれば以下画面が表示されます。これで、Githubアカウントの開設ができました。

 

 

SSH Keyの設定

次にSSH Keyの設定を行います。これは、ローカル環境(Cloud9)とリモート環境(Github)をつなぐために必要なものです。まずはCloud9に移動してください。

 

1.SSH Keyを生成します。

以下のコマンドを実行してください。

$ ssh-keygen

コマンドを入力すると、【Enter file in which to save the key 】や、【Enter passphrase 】のように複数回Enterキーの押下を求められます。このような表示がでたらEnterキーを押すとターミナルの処理が進んでいきます。

このような表示になっていれば、成功です。

 

2.生成したKeyを確認しましょう。

生成したKeyの内容を確認するには、以下コマンドを実行します。

(master) $ cat ~/.ssh/id_rsa.pub

そして表示された文字を選択コピーします。文字列は自分が入力したコマンド【(master) $ cat ~/.ssh/id_rsa.pub】以外の行全てを選択してコピーしてください。

 

3.次にGithubに移動して、SSH Key登録ページを開きます。

自分のアカウントボタンを押下しSettings -> SSH and GPG keys -> New SSH Keyと進んでいきます。

 

4.SSH keyを登録します。

Title欄には適当な名前を入れてください。Key欄にはid_rsa.pubの内容(先ほどターミナルからコピーした内容)を貼り付けます。

以下のようにSSH Keyが登録されました。これで、SSH Keyの設定はOKです。

 

 

リモートリポジトリの作成

ではリモートリポジトリをGithubで作成していきましょう。リモートリポジトリとは、リモート環境のリポジトリの事で、そこにローカルリポジトリの変更を追加出来るように設定していきます。この設定により、他の人とリポジトリを共有することができるようになります。では、実際に作成してみましょう。

 

 

1.Githubのサイトを開いて下さい。

ナビゲーションバーにある「+」をクリックして、New repositoryを選択してください。

 

2.新規リポジトリを作成します。

まずRepository name欄にリポジトリの名前を入力します。今回は、newsableと入力します。

Descriptionはリポジトリの説明を入力する欄になります。必須ではありませんので今回は未入力とします。また、PublicとPrivateについてはリポジトリを公開するかという部分です。2019年から無料アカウントでもPrivateアカウントが無制限に作れるようになりました。ですのでPrivateを選択しましょう。そしてcreate repositoryをクリックします。

 

 

リモート・ローカルリポジトリの連携

次に、作成したリモートリポジトリとローカルのリポジトリをつなぐ設定をします。

 

1.連携の為に必要なコマンドをコピーします。

リモートリポジトリ作成後の画面は以下のようになっていると思います。この画面内の、HTTP・SSHの欄でSSHを選択してください。そして、2つ目の赤枠内のテキストをコピーしましょう。

 

2.コマンドをターミナルで実行します。

コピーしたテキストをターミナルに張り付け、コマンドとして実行してください。

$ git remote add origin git@github.com:username/newsable_skillhub.git

※このusername部分は個人で変わります。
これで、ローカルとリモートのリポジトリを、連携させる設定が出来ました。

 

 

リモートリポジトリにpushをする

ローカルリポジトリ(自分のCloud9)の内容をリモートリポジトリ(共有できるリポジトリ)へ反映させていきましょう。反映させることをpushといいます。

今回は最初のプッシュなのでgit push -u origin masterというコマンドで実行します。最初にこのコマンドを実行すると、次回からはgit pushのみでpushを行う事が出来ます。また、このoriginとはリモートリポジトリを指します。

$ git push -u origin master

以下のように聞かれますので「yes」と入力してエンターキーを押してください。

The authenticity of host 'github.com (52.69.186.44)' can't be established.
RSA key fingerprint is SHA256:nThbg6kXUpJWGl7E1IGOCspRomTxdCARLviKw6E5SY8.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes

## 上のようにyesと入力しエンター

すると以下のように表示されてpushが完了します。

Warning: Permanently added 'github.com,52.69.186.44' (RSA) to the list of known hosts.
Counting objects: 6, done.
Compressing objects: 100% (5/5), done.
Writing objects: 100% (6/6), 589 bytes | 294.00 KiB/s, done.
Total 6 (delta 1), reused 0 (delta 0)
remote: Resolving deltas: 100% (1/1), done.
To github.com:hubhime/newsable.git
 * [new branch]      master -> master
Branch 'master' set up to track remote branch 'master' from 'origin'.

 

 

確認する

pushが出来ているか自分のGithubリポジトリを確かめてみましょう。Githubに戻ってリロードするとコードがアップロードされているのが確認できます。

 

今回のレッスンでは、Githubアカウントを作成してリモートリポジトリにpushするまでを行いました。次のレッスンでは、Herokuアカウントを作成して、アプリを公開する為の準備を行います。では、次のレッスンに進みましょう!

無料ビデオ講座のお知らせ

Skillhub [スキルハブ]では無料の動画講座を多数公開しています。他校だと数万円するような講座が無料で受講できます。

無料講座一覧を見る