【Rails応用講座 3】Railsアプリの設計

このチュートリアルでは、ユーザーフローやデータフローを作成してアプリケーションの企画をたてていきます。ユーザーフローとは、アプリ内でのユーザーの動きの事です。そして、データフローとはモデル設計を意味します。開発作業を行う前にターゲットユーザーやアプリの課題をしっかりと考えることで、ユーザーのニーズを明確にしていきましょう。

今すぐ閲覧する

レベル

やさしい

期間

1日約1時間で 1日間

レッスン


まず、アプリケーション定義を確認しましょう。Newsableは、ニュースをかんたんに集めて意見できるプラットフォームです。

本レッスンではペルソナを作成します。ペルソナとは、実在のユーザーの情報を元に作成した、架空のユーザーです。実在する人物化のように具体的に作成します。

ユーザーがとる行動のことをユーザーフローと言います。今回の場合は大きく2つのユーザーフローが考えられます。

データフローとは、データの流れを図にしたものの事です。モデリングとは、モデル設計というような意味です。このレッスンでは、データフローの作成・モデリングを行い、最後にはモデル同士の関連付け定義も行います。

関連する講座


【Rails応用講座 2】Railsアプリの開発フロー
無料  5レッスン やさしい
【Rails応用講座 6】モデルをもっと理解する
無料  6レッスン やさしい
【Rails応用講座 8】デザイン
無料  4レッスン やさしい
【Rails応用講座 9】デザイン2
無料  4レッスン やさしい
【Rails応用講座 10】オピニオン
無料  5レッスン やさしい
【Rails応用講座 11】オピニオンの仕上げ
無料  5レッスン やさしい
【Rails応用講座 12】いいね&コメント
無料  5レッスン やさしい
×