【Rails応用講座 7】ユーザークリップを作成する

この教程では、ユーザークリップという機能を作成します。クリップの作成者を明確にするための機能です。このモデルと、既存のモデルとの関連付けを行ったりビューの実装をしていきます。

今すぐ閲覧する

レベル

やさしい

期間

1日約1時間で 0日間

レッスン


前教程まででクリップ機能を実装してきましたが、誰が作成したクリップかはわからない状態です。これを、クリップとユーザーを関連付ける事で明確にします。そのためには、多対多という関連付けが必要です。この項目では、多対多についてやクラス図からコードをジェネレートする方法を学んでいきます。

この項目では、多対多の関連付けについてもう少し理解を深めていきましょう。データベーステーブルの中身についてや、コンソールでの試し方などを学びます。

この項目では、ユーザークリップフォームの作成などユーザークリップをビューに実装していきます。また、データが存在するかしないかの確認方法や、ユーザークリップとクリップデータの作成方法などについても学んでいきましょう。

この項目では、ビューの実装を行います。フォームのエラー表示を変更したり、ユーザーごとに表示を変えるためにコントローラやビューに変更を加えます。