【Rails応用講座 1】Ruby on Rails開... >
Ruby on Rails環境構築の目標

本格的なRailsアプリをなるべく簡単に、非エンジニアでも理解できるように創りたいと思います。起業家などの非エンジニアがアイデアを実現するツールとして使うとすごくパワフルなツールになると思っています。

しかしながら巷に溢れているのはエンジニアのためのチュートリアルばかりです。「このハードルをクリアできなかればRailsを使えるとは言えない!」的なものが目立ちます。なので挫折する起業家やデザイナーが多いです。

アイデアはあるのに実現できない。。 そんな悩みを抱えて諦めている人は多いことでしょう。

そこでこのチュートリアルは起業家やビジネスマン、デザイナーなどのために書きました。なるべく図解を多くして、わかりやすく伝えられるように書きます。そして作りながら楽しめる内容になっていますので、飽きずに続けられると思います。

筆者(わたくし吉田光利)がSkillhubなど今まで数多くのサービスを作ってきた経験を元に作ってます。アイデアをデザインやコードにどうやって落とし込むかを解説した実践的なものになっています。しかもそれをかんたんな方法で実現できるように最小限のスキルのみに落とし込みました。これであれば非エンジニアでも立派なWebサービスを構築することが可能だと思います。

今まで挫折してしまった人たちももう一度このチュートリアルにトライして、素晴らしいアイデアを形にしてみてください。

 

 

サービスをリリースする疑似体験をしながら学ぶ

このチュートリアルでは、本格的なサービスを創りながら、Railsアプリを作成・公開できるようになることを目標に、実際にアプリを作成しながら本格的な開発スタイルを学びます。

今回作成するのは、Newsableというアプリです。では、このアプリの仕様を簡単に説明してみます。まず、ユーザーが気になるニュース記事を保存する事が出来るクリップという機能があります。このクリップされたニュース記事には、オピニオン機能で意見を投稿する事が出来ます。ユーザー間でニュースに対する意見を交換する事が出来るアプリという感じです。

また、Newsableアプリの開発ではGitやGithubというツールも使用します。これらは、実際の現場でも使用されているものです。(このツールの概要については、後ほど詳しくご説明します。)

こういったツールを使用した本格的な開発スタイルでアプリを作成しながら。実践的なをスキルを身に付けていきましょう。

 

 

チュートリアル1の学習目標

Railsアプリの作成・公開に必要なサービスやツールについて学び、アプリの開発が行えるように準備を行います。今回のチュートリアルで取り上げるサービス・ツール、行う事は以下6つです。

 

  • Gmailアカウント作成
  • AWSアカウント作成
  • Cloud9でRails5.2の開発環境作成
  • Gitの準備
  • Githubの準備
  • Herokuアカウント作成

 

では、これらについて詳しく学んでいきましょう。最初は、Gmailアカウントの作成です。次のレッスンに進んでください。

無料ビデオ講座のお知らせ

Skillhub [スキルハブ]では無料の動画講座を多数公開しています。他校だと数万円するような講座が無料で受講できます。

無料講座一覧を見る