【Rails応用講座 1】Ruby on Rails開... >
まとめ

まとめ

Railsアプリ作成の準備として以下6つの作業を行いました。

  • Gmailアカウント作成
  • AWSアカウント作成
  • Cloud9でRails5.2の開発環境作成
  • Gitの準備
  • Githubの準備
  • Herokuアカウント作成

 

Gmailアカウント作成・AWSアカウント作成

まず、各サービスやツールへの登録の為にGmailアカウントを取得しました。そしてそのアカウントで、AWSCloud9というブラウザ上でプログラミングを行う事が出来るサービスへの登録を行いました。セキュリティの設定も行ったので安心して使う事が出来ますね。

 

Cloud9でRails5.2の開発環境作成

Cloud9ではWorkSpaceをつくり、RailsのインストールやNewsableアプリを作成しました。今回使用するRailsのバージョンは5.2.0です。

 

Gitの準備

また、Gitというアプリのソースコードなどを記録して管理する事が出来るソフトウェアを導入して、実際にコミット(履歴の記録)を行ってみました。これで、コードがぐちゃぐちゃになってしまっても元に戻すことができます。

 

Githubの準備

Githubという、Gitで管理しているリポジトリをサーバー上で管理する為のサービスにも登録を行い、pushをしてNewsableアプリの状態をリモートリポジトリに反映させることもできました。

 

Herokuアカウント作成

最後には、Herokuという制作したアプリを簡単に公開するためのサービスのアカウントを作成して、アプリを公開する為に行う作業であるデプロイを行いました。

 

 

次回からは、アプリ制作作業に入ります。今回学んだサービスを活用して、本格的なRailsアプリを作っていきましょう。

無料ビデオ講座のお知らせ

Skillhub [スキルハブ]では無料の動画講座を多数公開しています。他校だと数万円するような講座が無料で受講できます。

無料講座一覧を見る