【Rails応用講座 2】Railsアプリの開発フロー >
Herokuの修正デプロイ

 

 

トピックブランチを作成する

まず最初に、ブログ機能用のトピックブランチを作成します。以下のコマンドを実行して下さい。

$ git checkout -b create-blog

 

アーティクルを作成する

アーティクルをScaffoldで作成します。以下のコマンドを実行して下さい。

$ rails g scaffold Article title:string body:text
$ rails db:migrate

アーティクルには、タイトルとボディという属性があります。では、https://ドメイン/articlesにアクセスして、ブラウザで確認してみましょう。以下のように表示されればOKです。

 

コミット&プッシュとデプロイ

変更をコミットしてプッシュします。以下コマンドを実行して下さい。

$ git add .
$ git commit -m "Create Article"
$ git checkout master
$ git merge create-blog
$ git push

次に、現在のmasterをHerokuにデプロイします。

$ git push heroku master
#Herokuにプッシュされます。
remote: -----> Compressing...
remote:        Done: 44M
remote: -----> Launching...
remote:        Released v4
remote:        https://damp-basin-58316.herokuapp.com/ deployed to Heroku
remote: 
remote: Verifying deploy... done.
To https://git.heroku.com/damp-basin-58316.git
 * [new branch]      master -> master

データベースを編集した場合は以下を必ず実行する必要があります。以下コマンドを実行します。

$ heroku run rails db:migrate

https://herokuドメイン/articlesにアクセスして、ブラウザで確認してみて下さい。以下のように表示されればOKです。

 

課題

新しいブランチでanimalsを作成してデプロイしてみましょう。まず、create-animalというブランチを作成して、scaffoldでnameとbodyのみのAnimalを作成します。次に、コミットをしてmasterにマージします。そして、Gituhubへのプッシュを行い、Herokuにデプロイします。

無料ビデオ講座のお知らせ

Skillhub [スキルハブ]では無料の動画講座を多数公開しています。他校だと数万円するような講座が無料で受講できます。

無料講座一覧を見る