ブログ記事一覧

グロースハックとは何か グロースハック成功の方程式

Growth

グロースハック成功の方程式  

Hotmail や Dropboxなど、資金のないスタートアップがなぜ数年でユーザー1億人以上、時価総額10億ドル以上にの会社に成長できたのか? それはグロースハックの最大活用したからと言えるでしょう。爆発的に成長したスタートアップのグロースハックのパターンを分析してみました。

1 ユーザービリティ向上グロースハック
2 インセンティブ活用グロースハック
3 ティーザー活用グロースハック
4 プラットフォーム型グロースハック
5 顧客定着化グロースハック

1. ユーザービリティー 向上グロースハック:

ユーザーが会員登録するプロセスを簡単にして、サインアップ率を向上させるハックです。

Dropboxのトップページは非常にシンプルになっています。Dropboxの特徴を伝える2分間のビデオとダウンロードボタンだけです。訪問したユーザーのアクションが2つに限らています。競合との比較や、有料プランの売り込みなどは行っておりません。

DropboxはActivation率が非常に高いと言われています。登録する時に入力する情報がごくわずかで、フォーマットで入力する途中で離脱してしまうユーザーが非常に少ないと言われています。


2. インセンティブ活用グロースハック

ユーザーがどんどんサービスを活用したくなるようなインセンティブを設け たり、ユーザーが他のユーザー数を紹介するインセンティブを設けて、ユーザーのエンゲージメント/サインアップ数を増やすハックです

Dropboxはインセンティブを活用した方法も非常に上手く活用しています。CEOのDrew Houstonによると友人や知人を招待すれば、500MBをボーナスとしてもらえる施策によって、Dropboxの登録数が60%伸びたそうです。


またDropboxはSNSの活用も抜群に上手でした。彼らは、各SNSとの連携することに容量追加のインセンティブを用意して、SNSを通じてのユーザー獲得に成功しました。(現時点でDropboxのTwitter Follower数は300万人を超えています)

Living SocialというGROUPON型のフラッシュマーケティングビジネスを行っているスタートアップがあります。彼らは、もしユーザーが自分の友だちや知人など他の3人にレコメンドできれば、自分は無料で手に入れることができるというインセンティブ持たせました。その結果、彼らは爆発的にユーザー数を伸ばすことに成功し、創業6年で7000万ユーザーを獲得しています。

ウォールストリートジャーナルは、ニューヨークでWifiサービスをフリーで提供しています。ユーザーWifiにアクセスする際に、WSJのキャンペーンページにリダイレクトされます。WSJは何百万人とゆうユーザーにアクセスしてもらい、キャンペーン施策の実行やデータの収集を行っています。


3. ティーザー活用グロースハック:

サービスローンチの前にティーザーサイトを作り、サインアップを先行して行い、ローンチしたらユーザーを一気に拡大させるハックです

iOSやAndroid向けのメール管理アプリMailboxはティーザーサイトとDemoビデオを活用し、わずか6週間で100万のサインアップユーザーを獲得しました。


Facebookもティーザーを活用して成功したサービスです。Facebookは、初期の頃まだアメリカの大学でサービスをローンチしていた頃、ティーザーサイトを作り、全生徒の20%のメールアドレスが集まるまでサービスのローンチを待っていたそうです。


4. プラットフォーム型グロースハック 

すでに多くのユーザーを抱え成功しているプラットフォームに乗っかって自分たちのサービスを提供するというハック

創業5年で時価総額25億ドルに成長したAirBNB。彼らは現地の人からアパート・部屋などのバケーションレンタルサービスを提供しています。まだまだユーザー数が少なかった初期の頃、自分のアパートを貸したいホストは、Creiglistのような従来的な広告サイトに、掲載していました。そこでAirBNBの創業メンバーは、ホストがAirBNBに投稿した内容を"クレイグリストに自動的にポストする”というリンクを貼り付けました。非常に簡単にできるようになったため、多くのホストが活用するようになり、AirBNBのユーザー数も爆発的に伸びました。


インスタグラムは、写真の投稿をクロスプラットフォームで投稿することができます。つまり、すでに多くのユーザーを抱えているサービスを活用することで、多くのユーザーを獲得することができました。創業18ヶ月でFacebookに10億ドルで買収されました。

5 顧客定着化グロースハック

Twitterは*5~7人フォローしたユーザーのアクティブ率が劇的に上がる*]という数字 を掴みました。そこで、初めてのユーザーに対して、フォローのレコメンドを実装し、ユーザー定着率を劇的に向上させました。

またFacebookでも7~10人友達ができればアクティブ率が向上するという発見をし、”もしかして知り合いですか?”という友だちの友だちをコネクトさせる機能を実装し、アクティブユーザー率を劇的に向上させました

グロースハッカーになるのに必要な3つのスキルとは?

グロースハッカーはお金(予算)を使わずに成長エンジンを構築するスキルが必要になります。そのために必要な三つのスキルを上げてみました。

① お金をかけないで高いユーザーエクスペリエンスを設計する力

ユーザーエクスペリエンスの構築力は、グロースハッカーだけではなく、これから価値のあるサービスや商品を生み出そうとする人には必須の能力でしょう。

UXデザインこちらのブログで詳しく書いていますが、プロダクトを作る前に、ペルソナ像を構築して、カスタマージャーニーマップを作り上げ、常に改善をしていくプロセスを身につける必要があります。

② お金をかけないで分析を行う力

グロースハッカーは、まずユーザーエクスペリエンスデザインを行い仮説を立てます。そして、その結果を分析力を駆使して、検証する必要があります。Google Analyticsなどの無料分析ツールは使いこなせるようになりましょう。

③ お金をかけないでプロダクトを改善力

グロースハッカーは、技術にもある程度精通している必要があります。
何が技術的に実現可能なのか、どういう改修・改善が、ローコストでハイリターンのかをすぐに見積もり、開発者に指示を与える必要があるからです。

Webサービスのグロースハッカーになりたい人は、最低限でも、
HTML, CSS, JavaScript, UX Design, Google Analytics, Illustrator/Photoshop
などの知識を身につけましょう。

グロースハッカーに必要なWebプロダクト構築力を無料で身につけよう 

グロースハッカーに必要なWebプロダクト構築力を身につけたい方はこちらから受講できます


グロースハック Know-how ブログ:ビジネスを劇的に成長させよう

グロースハックを知ろう 

グロースハックとは何か 最もホットな仕事 グロースハッカーとは?
グロースハックとは何か グロースハックに市民権を与えし者たち
グロースハックとは何か グロースハック成功の方程式

グロースハックをあなたの組織に導入しよう 

グロースハック導入編 前提条件であるProduct-Market-Fitを検証しよう
グロースハック導入編 グロースハック文化を組織に組み込む
グロースハック導入編 Actionable Metrics(行動できる経営指標)を導入する 

グロースハックを実践しよう

グロースハック実践編 デザインハック Less is More
グロースハック実践編 ”メリハリ”でデザインハックする
グロースハック実践編 最も影響力があるランディングページ
グロースハック実践編 最強のツールABテスト ① ABテストとは何か?
グロースハック実践編 最強のツールABテスト ② ABテストのフローを極める
グロースハック実践編 最強のツールABテスト ③サイトを診断しよう
グロースハック実践編 最強のツールABテスト ④ 改善施策の検証

Webdev top2

田所 雅之

シリコンバレーと日本で起業経験があります。
アメリカ・アジア・日本の起業家/投資家との
ネットワークをもっているのが強み

Skillhubの購読にはFacebookが便利です

Twitterでお得な情報配信中


コメントするにはユーザー登録が必要です。ユーザー登録するとすべての講座を受講する事ができます。

ユーザー登録(無料)