【Rails応用講座 6】モデルをもっと理解する >
Railsのコールバック

コールバック

Railsのコールバックとは、モデルを保存したり、更新したり、削除した後や前のタイミングで実行されるメソッドのことを言います。例えば「記事が保存された後には〜する」などが簡単に実装できます。

以下は、コールバックの一覧です。

before_save => #保存する前
after_save => 保存した後
after_update => 更新した後
before_destroy => 削除する前
after_destroy => 削除した後

など

after_saveを試す

保存した後にメソッド実行するという例で、使い方を見てみましょう。以下は、アーティクルを保存した後にユーザーを作成するようにしています。

# article.rb

after_save :create_user
def create_user
  User.create(email: "after_save@test.com",  password: "lalala")
end

ターミナルで、アーティクルを作成すると保存後にユーザーが自動的に作られるはずです。

# ターミナル

> Article.create(title: "hello", body: "world")

課題

コールバックを自作してみましょう。Articleを更新すると自動的に更新日時がタイトルに挿入されるようにしてみてください。例)タイトル 2019-03-22

無料ビデオ講座のお知らせ

Skillhub [スキルハブ]では無料の動画講座を多数公開しています。他校だと数万円するような講座が無料で受講できます。

無料講座一覧を見る