WordPressの自作テーマでBootstrapを動かす方法

11日 5月

WordPressのテーマを自作している時にBootstrapを使用したいと思うことはありますね。
一番かんたんなのはCDNで読み込む方法ですが、今回はダウンロードして読み込む方法を紹介したいと思います。

Bootstrapのダウンロード

まずは以下のBootstrapサイトにアクセスしましょう。
https://getbootstrap.com/

ダウンロードをクリックするとダウンロードページに行きますのでDownloadボタンをクリックしてください。

そしてダウンロードしたBootstrapを自作テーマフォルダの中に入れてください。フォルダの名前はbootstrapに変更しましょう。

PHPファイルの設定

まずこちらのコードが<head>の中にある必要があります。これはfunctions.phpを動作させるのに必要です。phpファイルの設定はこれだけで大丈夫です。

<head>
<?php wp_head(); ?>
</head>

functions.phpの設定

そしてfunctions.phpにこれを書いてみてください。ここでファイル読み込みの設定をします。

<?php 
    function themebs_enqueue_styles() {
        wp_enqueue_style( 'bootstrap', get_template_directory_uri() . '/bootstrap/css/bootstrap.min.css' );
        wp_enqueue_style( 'core', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
    }

    add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'themebs_enqueue_styles');


    function themebs_enqueue_scripts() {
      wp_enqueue_script( 'bootstrap', get_template_directory_uri() . '/bootstrap/js/bootstrap.bundle.min.js', array( 'jquery' ) );
    }
    add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'themebs_enqueue_scripts');
 ?>

まとめ

ポイントはfunctions.phpに書くコードです。
このように書くと簡単にWordPressでBootstrapが動かせるようになります。
お試しあれ。

Web制作のプロになろう!スキルハブの無料ビデオ

無料ビデオ13講座/91レッスンが受け放題!

わかりやすい動画レッスンHTML/CSS, JS, デザイン, WordPress, Railsなどがなんと無料。 募集人数には制限があります。サインアップはお早めに。

無料申し込み期限: 8月9日 まで
募集人数: 100名(残りわずか)

今すぐ13講座を受講する(無料)




×