フリーランスの卵の為の仕事の探し方 「報酬について知りましょう」

28日 12月

本当に稼げるの?

これからフリーランスとして頑張っていこう!と意気込む方にとって、気になるのは「本当に稼げるの?」「一部のハイパークリエイターだけの話で自分のような初心者でも仕事ができるの?」という点ではないでしょうか。

そこで今回は、CrowdWorks Lancers coconalaという3大クラウドソーシングサイトの案件や、料金体系について解説していきます。

こちらを参考にご自身の目標月収からどの程度のお仕事が必要かを割り出して、そいういった求人を出している企業側へアプローチできるように準備しましょう。

CrowdWorks

CrowdWorksの特徴はなんといってもその案件の多さでしょう。また、「タスク」と呼ばれる種類のお仕事はアンケートへの解答や、簡単な数字や文字の打ち込みなどスキル不要なものが多く、登録したての方はこのタスク系のお仕事を何件かこなして「私はしっかりとお仕事を完了した実績がありますよ!」と証明することができます。

しかし、ノースキルでも問題ないタスク系のお仕事は単価が本当に安い!

どのくらい安いかというとこのくらい安いです!!(私の報酬履歴です、全て簡単なアンケートなどのタスク系のお仕事です)

 

第一次世界大戦中ならともかく、平成最後の年にこの金額とは…と驚くほどの金額ですよね。

更に、CroudWorksでは報酬の合計金額が1000円以上でないと自分の口座への出金(振込)ができないシステムになっています。

更に振込にかかる手数料100円は自分で負担しなければいけないとのことです。

サイトにも「クラウドワークスよりメンバーの個人口座に振り込む際には、別途振込手数料(楽天銀行税込み100円・他行税込み500円/2014年3月31日以前の振込についてはそれぞれ105円・525円)が発生いたします。」とあります。

楽天銀行以外の場合は、少なくとも1600円程度の報酬がないと赤字になる計算になります。

また注意したいのが、報酬が発生してから180日以上経過すると報酬は無効となり、自分の口座への振込ができなくなるという点です。

以上の点を踏まえるとタスク系のお仕事は2~3件にとどめておいて、すぐに単価数千円のものにトライした方が良いといえるでしょう。

Lancers

LancersもCrowdWorks同様、タスク形式のお仕事があります。

こちらも単価数円のアンケートのお仕事が多いですが、未経験でも応募可能なテープ起こしや、もしWordpressの知識があれば画像を挿入するだけのお仕事…などそれほど高いスキルは必要とせずに、時給にして900円程度のお仕事に挑戦することも可能です。

報酬についてはCrowdWorks同様1000円以上で報酬を自分の口座へ振り込むことが可能です。また報酬についても「特に期限はなく繰り越されます」とサイトには記載があります。

ただ、「実際に振り込まれる金額は、ご登録口座の振込手数料を差し引いた金額となります。」や、「 楽天銀行 をご登録いただくと振込手数料は100円です。それ以外の銀行の場合は、振込手数料が500円必要です。 」との記載もあり、手数料についてはCrowdWorksと同様のシステムのようです。

毎月一定金額の報酬を受け取るということであれば、楽天銀行の口座開設も検討しても良いかもしれません。

coconala

突然ですが、みなさんメルカリというフリマアプリを利用されたことはありますか?

メルカリは購入希望者が商品を購入するとその場でクレジットカードで決済するか、コンビニから振り込むなどして入金が完了されてから、出品者が商品を発送するというシステムをとっています。

これによって、「代金を支払ったのに商品がこない」「商品を送ったのに代金が支払われない」というトラブルを回避しているのです。

サイトの説明を見ると、coconalaも同様のシステムのようです。

そして報酬についてですが、他の2サイトと大きく異なる点があります。

「受取可能な残高が160円を超えた段階で、出品者ページの売上管理画面より、設定した銀行口座に振込申請をすることができます。なお、売上には120日の期限があるため、120日以内に振込申請をしてください。期限までに売上の振込申請がない場合は、登録いただいた銀行口座に自動的に振り込みを行います。」

また手数料についても「振込手数料として160円が差し引かれますが、3,000円以上の振込申請の際は、振込手数料が無料になります。」とのこと!

しかし、報酬の振込に関しては明瞭ですが肝心の報酬についての手数料の説明は少し複雑な印象を受けました。

 

1~50,00円は25%+税というのは理解できますが、10,5000円の売り上げ時に、各売り上げに応じて手数料を計算するというシステムは今まで見たことがないので驚きました。

10,5000円の売り上げ時にいったん25%+税で手数料を差し引いて、後日1~50,000、50,000~100,000、それ以上と各レベルの手数料を計算しなおして差額をキャッシュバックするというシステムになっているようです。

このあたりを理解しておかないと、自分の収入管理にズレがでてきてしまうので注意しましょう。

おまけ1

ここまで3つのサイトの報酬の受け取り方や、手数料について確認してきました。「単価は安くてもやっぱり最初はタスク系のお仕事で…」と考えるフリーランスの卵さん達にぜひ挑戦しておいてほしいのがe-typing(https://www.e-typing.ne.jp/)

というサイトで無料で受けることができる「腕試しレベルチェック」というものです。

 

 

こちらをおススメする理由は1つ「無料であること」、2つ「S,A,B,C」などのランクが表示されること、3つ「正確にタイピングできている確率」が表示されるという3点です。

テスト終了後にタイピングの結果が一覧で表示されます。

本来はこの他に、自分の苦手なキーや、今回チャレンジしたタイピングの画面が表示されます。

この結果部分をスクリーンショットやキャプチャで保存しておけば、テープ起こしや文字入力など「タスク系」のお仕事の中でも単価の高いお仕事へ応募する際の補助材料になります。

お仕事の中には「ネットで受講できるタイピング検定を受験している方のみが対象です」なんていうお仕事もありますが、タイピング検定の受講料で4~5000円ほどかかりますので、まずはこの無料のもので応募してみて、結果が思わしくない、もしくはもっときちんとした実績がほしいと感じた際は有料のタイピング検定の受講を検討してみても良いかもしれません。

おまけ2

楽天銀行の口座開設について

https://www.rakuten-bank.co.jp/account/rakutenbank/?scid=af_vlc_atmaf_vlc

CrowdWorksとLancersに関しては報酬の受け取りは楽天銀行が断然お得でしょう(手数料の面で)。

「でもネットで銀行口座開設なんて…」「なんだかめんどくさそう」と考える方もいらっしゃるはず!

実際に登録までの流れを見てみましょう。

 

私はもともと楽天カード(クレジットカード)を持っているので、左の「楽天会員のお客様」から登録しました。

既に楽天会員の方

楽天のIDとPWでログインするだけです。楽天カードを作った際に登録した住所や連絡先がそのまま引き継がれるので入力しなくても良い部分が多くて楽でした。

次はカードの種類を選択する画面です。

カードの選択

カードの種類はどれでもよいと思います。私はクレジットを既に持っているのでキャッシュカードの機能のみのものを選択しました。

職業は「その他」を選び、「フリーランス」と入力しました!現在フリーランスでバリバリ活躍されている方は当たり前なのでしょうが、やっぱり「フリーランス」と入力すると嬉しくなりますね。

あとは口座開設にあたってのオプションなのですが、こちらもご自身でつけたいと思うものは付帯しても良いかと思います。

私は証券などの知識はないですし、クレジットは既に持っている為、他のサービスは付けずに申し込みました。

本人確認について

本人確認に使用できるものは画像の通りですが、スマホのアプリで認証する方法とカードが郵送されてきた際に実際に配達員に本人確認書類を提示する方法の2種類があるとのことです。

クレジットカードを作った際はスマホアプリで認証した気がするので今回は配達員さんに直見せする方法を選択しました。

特に意味はないのですが、両方とも経験してどちらの方がよかったか比較したかった為です。皆さんはお手間でない方を選んでくださいね。

楽天会員はこれで登録完了です。後はカードが届くのを待つだけ!簡単でした。

また楽天ポイントも付与されるそうなのでラッキーでした。

楽天会員でない方

楽天会員でない方は、名前、住所、連絡先などの情報を入力する必要があります。「楽天に親族を抹殺された」などの恨みがない限り、年会費無料のカードを選べば出費が発生するわけではありませんし、これからCrowdWorksやLancersを使用するのであれば毎回500円以上の手数料をとられるのはもったいないと思うので、特別な事情がなければ登録しても良いかと思います。

こういった個人情報の入力は面倒ですが、CrowdWorks、Lancers、coconala全てのサイトでもっと細かくスキルや職務経歴、自己アピールを入力しなければなりません。

「3分程度で終わります」とある通り、楽天カードの申し込みの入力項目自体はそこまでボリュームはないのでご安心を!

カードの選択&オプション

楽天会員でない方であれば楽天のクレジットカードもお持ちではないかと思います。クレジットとまとめると楽天ポイントがさらに付与されたり…と特典もあるようですが、ご自身で要否を考えて必要なければキャッシュカードのみでも大丈夫です。

また、クレジットカードを作る際は審査がありますので、そういったものが面倒であればキャッシュカード機能のみでも問題ないでしょう。

オプションに関しても同様です。内容を確認して必要なければ不要です。

 

 

本人確認について

こちらも既に楽天会員の方と同様の流れです。

 

アプリで認証か、配達員さんに確認してもらうか選べば申し込み完了です。

楽天銀行の口座開設も必須ではありませんが、繰り返すように手数料を考えると口座を作ることでお金がかかるものでもないので作っておいて損はないかと思います。

おわりに

どのクラウドソーシングサイトでもスキル不要の「タスク」系のお仕事は多数あります。「自分にはまだまだスキルがたりないから」とタスクのお仕事を選んでしまう気持ちはわかります。しかし、そのお仕事はWebの知識がゼロの方でも可能なお仕事です。

せっかくWeb制作やデザインを勉強したのであれば、ぜひその知識や経験を生かせるお仕事にトライしてみてください。

実績がない間はなかなか、お仕事に応募しても契約が成立せずに焦ったり落ち込んだりすることもあると思います。

それはどんなプロフェッショナルのフリーランサーでも同じです。応募する案件の難易度が異なるだけで、契約が100%成立する保障は誰にもありません。

あなただけではなくて、全国のフリーランサーたちが同じように応募する度に不安な気持ちになるものなのです。

1件ごとの結果をあまり重く受け止めすぎずに最初はどんどんお仕事に応募していくことが大切です。

次回以降はプロフィールの書き方や、登録内容について解説します。

無料ビデオ講座のお知らせ

Skillhub [スキルハブ]では無料の動画講座を多数公開しています。他校だと数万円するような講座が無料で受講できます。

無料講座一覧を見る