Facebook認証が無効になってしまった時の対処方法

ユーザー認証にFacebookを使っているサービスは多いと思います。私達も使っています。それも8年間まったく問題なく動いてくれていました。しかし、それが急に使えなくなってしまいました。

すごく焦ったのですが解決したので、それについて書きたいと思います。

Facebookから再三こんなメールが来て注意されていた。

アプリ(xxx (xxxx xxxxx xxxxx))は、プラットフォームポリシーに違反しており、Facebook上でネガティブなユーザー体験を生み出しているようです。

よくわからないので無視していたらアプリが停止されてしまった!

WebアプリのログインでFacebook認証を使っていたために既存のユーザーがログインできなくなってしまった。さらに新規ユーザーのサインアップも出来なくなってしまったのだ。。

「ログインできなくなった!」などが続出して青くなったのだが、翌日に無事解決したので、今回はそのとき私がやった方法をシェアしたいと思います。

まず「なぜ止められたのか」を考えてみた

今まで8年間くらい運営してきたのだが、何も変えてないし変だなぁと思ってチェックしてみた。でもチェックしてもどこが違反なのかがわからない。

しかしながらよーく見てみると以下が同じURLになっていることを発見。

  • 利用規約
  • プライバシーポリシー

利用規約・プライバシーポリシーを修正する

今まではそれで良かったのだけど、もうしかしたらそこを見ているのかなと思い、そこを修正しました。

異議申し立ては素早く行う

Facebookアプリが停止されるとその旨を知らせるメールが届きます。その中にある異議申し立てへのリンクをクリックし素早く異議申し立てをしましょう。

すると翌日には「あなたのアプリは問題ありませんでした」という感じのメールが来て、アプリが使用できるようになります。これで一安心。良かった。みんなサインアップも出来るし、サインインも出来るようになりました。

素早く対処して被害を最小限にしましょう

今回は一日で済んだので、まぁ良かったと思います。これが長引いたり、最悪Facebook認証が使えなくなったりしていたらホント大変でした。

今回は再三に渡る警告を無視し続けていたために起こったものです。なので、みなさんは早めに対応するようにしましょう!そうすると怖い目に合わなくて良くなりますよ。

まずは無料で14講座から始めましょう!

ハイクオリティな14講座/98レッスンが受け放題。
募集人数には制限があります。サインアップはお早めに。
無料申し込み期限
9月26日まで

募集 人数
100名 (残りわずか)
×