図解たっぷりGit入門

今どの現場でもほとんどGitが使われています。でも初学者には「なんか難しくて理解できない!」って人は多いですよね。私の現場にもデザイナーや新米のエンジニアなどは、そこで困っている人が多いです。そこで今回はできるだけやさしく多くの図解を使って、Gitを解説したいと思います。

今すぐ閲覧する

レベル

ビギナー

期間

1日約1時間で 0日間

レッスン


1 基礎から学びたい人のためのGit入門【図解たっぷり】

今どの現場でもほとんどGitが使われています。でも初学者には「なんか難しくて理解できない!」って人は多いですよね。私の現場にもデザイナーや新米のエンジニアなどは、そこで困っている人が多いです。そこで今回はできるだけやさしく多くの図解を使って、Gitを解説したいと思います。

2 Gitブランチの基礎を学ぼう

ブランチとは複数の作業を並行して行う際などに、作業履歴を分岐させることが出来る機能です。

3 修正をしてコミットの状態を元に戻す

ここまでで何度かコミットを行ってきましたね。作業を行っていると、間違えてコミットしてしまった等、以前のコミットの状態に戻したいときがあります。

4 リモートリポジトリの使い方とは

Gitは分散型バージョン管理システムと呼ばれています。これは、リポジトリを複数持つことが出来るためであります。複数というのは、サーバー上とローカル環境でそれぞれリポジトリを持つことが出来るという事です。

5 プルリクエストを利用したチームでの作業

チームで作業をしている際などに、他のメンバーに自分の行った変更を通知する事を、プルリクエストといいます。たとえば、自分の行った変更を、管理者にプルリクエストを行い通知します。

6 シンプルな開発フロー「Github Flow」とは

Github社が実践している、シンプルな開発のフローを指します。前レッスンの開発フローだと、最初に「Fork」を行い自分のGitHub上にリポジトリを複製しました。そして、プルリクエストを行うという流れでしたね。