いちばんやさしいRuby on Railsアプリ開発フロー入門

今回からは本格的にアプリ開発作業に入っていきます。このチュートリアルで行うのは、トップページやブログ機能の作成です。GitやGithub・Herokuの使い方を学びながら、アプリに機能を追加していきましょう。

今すぐ閲覧する

レベル

ビギナー

期間

1日約1時間で 3日間

レッスン


1 Ruby on Rails開発フローの作法を学ぶ

今回からは本格的にアプリ開発作業に入っていきます。このチュートリアルで行うのは、トップページやブログ機能の作成です。GitやGithub・Herokuの使い方を学びながら、アプリに機能を追加していきましょう。

2 Gitブランチを作成して作業開始

このレッスンでは、ブランチの作成や消去方法について学びます。ブランチとは、Gitの機能のひとつで、複数の作業を並行して行う際などに作業履歴を分岐させることが出来る機能です。

3 トップページの作成

このレッスンでは、トピックブランチでのページ制作作業を進めて行きます。ページの作成やページ完成時のマージを行い、トップページを作っていきましょう。

4 Herokuへのデプロイ

Herokuとはレンタルサーバーのようなもので、デプロイとは、制作したプロジェクトを公開するための作業です。このレッスンでは、デプロイに必要な準備を行い、実際にHerokuへデプロイを行います。

5 Herokuの修正デプロイ

このレッスンではScaffoldでブログ機能を作成して、修正した内容をHerokuにデプロイします。

6 まとめ

エラーなどがない安定したバージョンのアプリを運用していくためには、必須の機能ですので作業ごとにトピックブランチを作成する事を心がけましょう。