リーン・スタートアップ基礎講座

今やシリコンバレーでは常識になっているスタートアップをつくる技法。日本でも2012年に本が発売されて人気になりました。この講座でリーン・スタートアップの手法を知り、あなたのビジネスに活かしましょう。

レベル

期間

1日約1時間で 7日間

レッスン


リーン・スタートアップとは

リーン・スタートアップの概要を学びます。最小限の製品(MVP)をつくり、それをもとに最小限の開発をしながら運営していく方法の全体像を学びます。

MVPを構築し検証する

Minimam Viable Product(MVP)という最小限の制品をつくって、それを検証する方法を学びます。

計測を学びましょう

スタートアップがやらなければならないのは、(1)現状を的確に計測し、評価で明らかになった現実を直視する。(2)事業計画に記された理想に現実の数字を近づける方法が学べる実験を考案する。ということである。ここでは、その方法を学びます。

方向転換(ピボット)

アントレプレナーはとても大きな問題に対処しなければならない。それは「いつ方向転換」して「いつ辛抱」するかをである。この判断が成功を大きく左右します。ここでは、このピボットを学びます。