データベース作成とWordPressインストール

前回インストールしたXAMMPを使って、ローカル環境の作成を行いましょう(windows向け)。今回はPHPMyAdminを使ったデータベースの新規作成から、ご自身のパソコンの中でWordPressを動かすところまで進みます。

1.PHPMyAdminを開く

XAMPPのコントロールパネルを立ち上げて下さい。
ApacheとMySQL、2つのStartボタンをクリックして起動させます。


  ↓

2つが動いていることを確認出来たら、MySQLの「Admin」をクリックしてください。

ブラウザで、下図のようなPHPMyAdminという画面が開きます。

2.データベースを作成する

※PHPMyAdmin操作以降の設定はwindows(XAMMP)もMac(MAMP)も基本的に同じです。
下記でも設定の流れを紹介しますが、こちらの動画講座も合わせてご覧いただくと分かりやすいです。

PHPMyAdmin画面で、オレンジの線で囲った「データベース」をクリックしてください。

データベースの一覧/新規作成画面に遷移します。
点線部分に作成したいデータベース名--->今回は「zooloppa」と入力し、
作成ボタンをクリックして下さい。

  ↓

上図のように、左側のデータベース一覧に新規作成したデータベース(zooloppa)が加わります。これでPHPMyAdmin画面での設定は完了です。

3.WordPressインストール

①ダウンロードと設置

WordPress公式サイト https://ja.wordpress.org/download/
からWordPressをダウンロードします。


  ↓

ダウンロードしたzipファイルを解凍してください。
フォルダが2重になっている場合は、一つ下の階層に移動します。

wordpressというフォルダ名を、管理しやすいようにPHPMyAdminで作成したデータベース名に変更しておきます。今回の場合は「zooloppa」です。

フォルダ「zooloppa」を、XAMPPの公開ディレクトリに移動します。
前回のレッスンでデフォルトの「C:\xampp」にXAMPPをインストールしていれば、公開ディレクトリは C:\xampp\htdocs となります。

XAMPPフォルダ>htdocsの順に開いて下さい。

「zooloppa」フォルダをhtdocs内に移動します。

これでWordPressを動かすための準備は整いました。

②WordPressインストール

XAMPPを立ち上げ、ブラウザのアドレスバーに
http://localhost/zooloppa/
と入力してください。

下図のセットアップ画面が開きます。
「さあ、始めましょう!」をクリックしてインストールを進めていきましょう。

最初にデータベース接続のための設定画面が表示されます。
データベース名/ユーザー名/パスワード欄を入力し、下部の「送信」ボタンを押します。

インストールを実行しましょう。

今度はWordPressの設定画面が表示されます。
ここで使用するユーザー名とパスワードは、Wordpressの管理画面にログインする為に必要になります。お好きに設定し、忘れないようにしてください。

講座では簡単に設定しておきます。

入力出来たら、ページ下部の「WordPressをインストール」ボタンをクリック。

成功しました!の表示が出たら、ログインしてみましょう。


 ↓

先ほど入力したWordPressのユーザー名とパスワードを入力し、ログインボタンを押してください。下図のようなダッシュボード(管理画面)が表示されれば、WordPressのインストールは完了です。

まとめ

WordPress作成環境構築の手順

1.XAMPP(MAMP)のインストール
2.PHPMyAdminでデータベースを作成
3.WordPress本体をダウンロード
4.WordPressを公開ディレクトリに移動する
5.http://localhost/フォルダ名/にアクセスする
6.WordPressをインストールする

インストール完了後、管理画面へのログインURLは
http://localhost/zooloppa/wp-login.php
になります。

WordPress基礎講座【前編】を受講中の方は
5.WordPressの使い方 https://skillhub.jp/classroom/courses/43/lessons/166
に進んでください。

無料ビデオ講座のお知らせ

Skillhub [スキルハブ]では無料の動画講座を多数公開しています。他校だと数万円するような講座が無料で受講できます。

無料講座一覧を見る

×