【後編】初心者からのRuby on Railsマスター講座

この講座はプレミアムプランに含まれています。

プレミアムプランを見る

≫ 現在40人が受講中 ≪

Rails%e8%ac%9b%e5%ba%a7

Skillhubのようなサービスが作れるようになる!

Skillhubの代表であり制作者、Skillhubのビデオでもおなじみの吉田光利がRuby on Railsアプリの作り方を伝授します。そのノウハウをWebスキルがない初心者にもわかりやすくをレクチャーします。

Ruby on Railsの凄さを知っていますか?

① Railsはいいとこ取り!

Ruby on RailsとはWebアプリケーションを制作するためのフレームワークです。フレームワークとは制作をより効率よくするためのアイディアや方法論の集合体です。つまり、+*これまで関わってきた何百万人の知識を集積した”いいとこ取り”とです。*+例えば、FacebookやTwitterなどのようなソーシャルメディアもWeb アプリケーションです。Ruby on Railsはそれら一件複雑な機能をもったアプリケーションを簡単につくるために活用されています。

② Railsエンジニアは引っ張りだこ!

今話題のシリコンバレーのスタートアップの半分はRuby on Railsを使っています。例えば、TwitterやHULU、Github、Airbnbなどが有名ですね。
日本だとクックパッド、DeNA、カカクコム、楽天、SmartNews、Crowdworks、GunosyなどがRailsを採用しています。
それらの人気企業は慢性的なエンジニア不足に悩まされており、高額な報酬を払っても、雇い入れたいと考えています。
つまりRailsをマスターすると、人気企業で働くことができる機会が高まります。

③ Railsで生産性と効率性が格段に上がりハッピー

Rails エンジニアの間でよく言われるのが、”Railsで開発するのはとても楽しい”ということです。
Ruby on Railsを活用することによって、サービス・アプリケーションの核心部分のプログラミングに集中することができ、よぶんな労力から解放されます。 思いついたアイデアをすぐカタチにできる様々なツールやメソッドを提供してくれる、それがRuby on Railsです。

本講座はプログラム初心者からでも大丈夫!

「そんなすごいRailsを初心者から、しかもプログラミングが初めて、、、」などと不安になっている方も多いと思います。ご安心ください。+*プログラミングの初歩の初歩から講義しますので、どんなに初心者でも大丈夫です。+*Ruby on Railsでアプリをつくるためのミニマムが学習を提供します。
h2. 本格的なRailsアプリを制作します

講座ではアプリをいくつか作りますが、最終的にはこのような本格的なRailsアプリを制作します。


講座のゴール

・Rubyの基礎からRailsの使い方をマスター
・初心者でもRailsが身に付くように、プログラミングの基礎を習得
(既に知っている方にも、とても良いレビューになります)
・Ruby on Rail開発に必須コンセプトを習得


こんな人にオススメ!

★ Ruby on RailsをマスターしたいWeb デザイナー、コーダー
★ Ruby on Railsを使ってリーンスタートアップを実践したいと思っている人
★ Ruby on RailsをマスターしてWeb業界に就職したいと思っている人
★ アイディアを形(Webアプリケーション)にしたいと思う人
★ アジャイル開発手法を実践で身につけたい人


講座カリキュラム

Rubyプログラミング基礎

Ruby on Railsを使いこなすためにはRubyの基礎が必要です。ここでは、プログラム初心者でもわかるように、簡単でたのしいRubyの使い方を学びます。

・プログラミングで何ができる?
・オブジェクト指向って何?
・変数、配列、ハッシュについて
・正規表現を知る
・ロジックについて
・これぞRuby!ブロックについて
・クラス・オブジェクト指向を学ぶ

Ruby on Railsの基本

いよいよRailsの使い方を学びます。
ここではRuby on Railsがどのようなものなのか、どのような思想をもったフレームワークなのかなどを知ります。

・Ruby on Railsとは
・Railsの思想
・MVCアーキテクチャとは
・ハローRails!じっさいに動かしてみる

Ruby on Railsでアプリ作成

かんたんなブログアプリケーションを作りながら基本機能をマスターします。
・ブログアプリケーションのひな形をつくる
・ブログ記事を作成するフォームを作成する(View、Controller)
・ブログ記事を登録する(Model)
・コメント機能を作成する コードをキレイにするリファクタリング

サンプルアプリ作成実習

設計図を用意しますので、それを見ながらサンプルアプリ作成に挑戦していただきます。学んだ事を活かしてRailsアプリを作成します。

・Scaffoldによるアプリのひな形作成
・コントローラとアクション
・データベースとModelを操作する
・テンプレートの作り方
・ルーティング

本格的なRailsアプリ制作

より本格的なRailsアプリを制作するために必要なスキルを習得します。
ユーザー登録機能から美しいデザインを実現するものなどを紹介します。

・アプリケーション設計(データ設計)
・Gemを使う
・Deviseを使ったユーザー登録管理機能
・TwitterBootstrapを使って美しいインターフェース作成
・フォロー機能をつくる

【実習】本格的Railsアプリ制作

TODOアプリに挑戦していただきます。
本格的なアプリ制作を実際に行っていただきます。
・アプリの設計(モックアップの作成)
・コーディング テスト デプロイ

まとめ

講座で学んだことの振り返りとまとめを行います。
また、今後の学習方法についてもお話します。

Default

1
Scaffoldで自動CRUD作成 (09:56)

Scaffoldコマンドを使用すると、自動でCRUD処理を作成してくれます。大変便利な機能で、Railsの重要な機能のひとつです。

Default

2
【課題】画像の表示方法 (03:18)

Zooloppa課題の画像表示方法です。

Default

3
セカンドモデル概念説明 (03:20)

Railsにはモデル同士を関連させる方法があります。複雑なアプリケーションを作成する場合には欠かせません。

Default

4
コメントモデルの作成 (05:17)

セカンドモデルとしてコメントモデルを作成します。

Default

5
コメントモデルのフォームの作成 (06:36)

コメントモデルに対するフォームを作成します。

Default

6
コメントモデルのコントローラ作成 (05:16)

コメントモデルのコントローラを作成します。

Default

7
コメント表示部分の作成 (03:30)

コメントを表示するビューを作成します。

Default

8
コメントに関するコードのリファクタリング (06:41)

コメント部分のコードをキレイにリファクタリングします。

Default

9
コメントの削除 (08:40)

コメントを削除するためのコードを作成します。

Default

10
【実習】コメント (00:34)

Zooloppaにコメントを作成します。

Default

11
Gemを使う(Deviseでログイン機能の実装) (12:26)

Gemの説明と実際にDeviseを使用して組み込みます。

Default

12
「ログアウト」リンクの表示非表示 (10:55)

ログインしている場合にのみ「ログアウト」というリンクを表示させます。

Default

13
ログインユーザーごとに表示を変える (13:39)

ログインしているユーザーごとに表示を変えるコーディングをします。

Default

14
【実習】ログイン機能の実装 (00:24)

Zooloppaにログイン機能を実装します。

受講生 40

Mitsu
Picture?width=40
Missing
Picture?width=40
Missing
Picture?width=40
Missing
Missing
Missing
Missing
Picture?width=40
Missing
Picture?width=40
Missing

人気講座TOP5

  • Css3
    HTMLを装飾するためにはCSSという言語を学びます。CSSも非常に単純なのでその気になれば1...
  • Html kouza
    学びたいけれどもHTMLって難しそうなんて思っている人のための講座です。HTMLはすごく簡単で...
  • Webkoutiku1
    イラストレーターの画像を起こして、CSS/HTMLでコーディングしていく作業の 全体を習得し...
  • Photoshop kouza
    Webデザインに必要なIllustratorの機能を覚えながら、Webページ作りに必要な理論を...
  • Deploy
    WebサーバーのデファクトスタンダードであるApacheに関する事やドメインに関する事などを学...